温水プールに行ったら、20年前の温水プールでの事件を思い出しました。

想い出貯金

今日はひさしぶりに、温水プールへ行ってきました。

私はヨガをする時は、こころは瞑想しています。

プールでは、、、こころは迷走しています。

f:id:Roomsy:20211108182847j:plain

Contents

・何故かプールに入れない

・全員拘束される

・寒さMAX

今日は気温が高めで、陽光がさしていたせいか(プールの水がきらきらしてとてもきれい)温水プール館内に、暖房は入っていないようでした。

私は遊泳コースなので、やっぱり、だんだん寒くなってきちゃいました。

(バタフライ往復とか出来る人はいいよね)

それで、あれれ、、、

温水プールでこんな寒いこと、前にもなかった??

20年前にあった事件を思い出しました。

*何故かプールに入れない

イギリスの海辺のリゾート地、Brightonに住み始めた頃、お友達二人に誘われて、海に近いところにある温水プールへ行くことになりました。

イギリスのプールって、、、やっぱり全体的に深めなんです。

(油断すると溺れますよ、、、)

でもその日は溺れてる余裕さえ、なかったんです。

着替えや貴重品をそれぞれのコインロッカーにしまって、さあ、温水プールへ!

しかしまもなく(ほんと5分後くらい)笛がピーッと鳴りひびきました。

全員上がれ〜〜!!」

?????

もう休憩タイム?と思ったら、違っていました。

*全員拘束される

何も説明のないままに全員そのまま荷物も何も持たずに外へ出ろって言われて。

みんなワケ分からないまま、ぞろぞろと外へ。

建物の外がちょっと広場みたいになっていて、そこで20〜30人(みんな水着の人たち)ボーゼンと立ってました。

そして警察らしき人達がダダ〜っと、温水プールの建物へと入っていきました。

*寒さMAX

何もおしえられないまま、怖そうな制服の人達に監視されながら、私たちは1時間以上も、震えて待っていました。(ぶるぶる)

帰ることも、もちろん許されていなくて。

お友達のうちの1人はブラジル、サンパウロ出身で、ひときわ寒そう。

結局、解放された後に知らされたのは、「プール施設内に爆弾を仕掛けた」というタレコミがあったということでした。

私たち全員、被害者であり、被疑者でもあったんです。

(ロッカーの中もきっと一個一個調べたんでしょうね、、、)

警察も気の毒ですが、私たちにとって災難以外の何ものでもなかったです。

災難エピソードって、普段は忘れてる(脳内お花畑?)んですよね。

でも何かの機会に思い出したら、また書こうと思います。

むちゃ寒かったまちぼうけ災難も、二度と帰らぬ日の貴重な心の財産ですから。

それにしても若い時でよかった〜。

このブログを読んでいただいてありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント