人生で美味しかった「旅ごはん」シリーズ 〜沖縄で立ったまま食べたごはん〜

想い出ストック

レンタルなんもしない人さんの本を読んで、2020年10月に行った、沖縄の旅を思い出しました。

f:id:Roomsy:20211030212750j:plain

Contents

・セミの声に圧倒される

・海があれば

・楽園の象徴

うちはだいたいが全員引きこもり気質で、家族で出かけるなんて、めずらしいイベントです。

沖縄に行くのは初めてでした。

*セミの声に圧倒される*

飛行機から降りて、まずは暑いのにびっくり。

そして、ギョッとしたんです。

何だかとてもうるさい、、、

ホテルの周りはうっそうとした緑に囲まれてて、そこから大音量のセミの鳴く声に、出迎えられました。

ワーワー、わーわー、ワーワー

ふつうはツクツクカーンとか、ヒューンヒューンに聞こえるらしいけど(汗)。

沖縄では4月頃から、セミが鳴きはじめるそう。

f:id:Roomsy:20211030212842j:plain

*海があれば*

やっぱり海の透明さには心うたれました。

明るい日光が反射して、きららきららと。

永遠に見ていたい、、、誘惑にかられました(危険)。

f:id:Roomsy:20211030212917j:plain

*楽園の象徴*

沖縄ごはんというと、ソーキそば、ゴーヤチャンプル、島豆腐など、魅力的なものがたくさんありますね。

ある日、ちゅら海水族館や海などへ行き、すっかり日が暮れてしまって、もう限界くらいお腹ペコペコだった時に、タコライス(テイクアウト専門)のお店を見つけました。

もうここしかない!!

みなさん自由に、駐車場で座ったり立ったままで食べたりしています。

うす暗くて暖かい空気の中、わいわい、立ったまま食べました。

めちゃくちゃ美味しかったあの味を、家に帰ってから思い出し、、、なんとか再現したくて、、、なんどタコライスを作っても、全く再現できないんです。

沖縄の平均所得は高くはないけど、幸福度は高いそうです。

綺麗な海のそばで暮らし、温かい人間関係と快適な衣食住があれば、そこは楽園。

立ったまま食べたタコライスは、私にとって楽園の象徴です。

このブログを読んでいただいてありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました