[レシピ]作って涼しく食べて元気に♡野草Summer rollん(夏巻き)!

楽々レシピの覚え書

2022.07.13

あつい夏は、そうめん、冷奴に、冷やしトマト。

そうめんは、冷たくて美味しいけど、茹でる工程があつい。

スタミナがついて美味しい揚げ物も、作る工程がめちゃあつい。

夏の料理は、なるべく火を使わないものがいい。

今日は、作っているうちに涼しくなれる「野草Summer roll」を作ろう。

SpringじゃなくSummer roll(夏巻き)

生春巻きとは:ベトナム以外の国において、ベトナム料理を代表するものとして知られる料理。

ふつうの春巻き(中国が発祥の地)とは、材料・調理・味覚のいずれも異なっている。

英語では、中国の揚げ春巻きが「spring roll」と呼ばれるのに対し、生春巻きは「summer roll」と呼ばれている。

英語から、日本語に直訳だと「夏巻き」!

中国語でも、生春巻きは「夏巻き」「ベトナム春巻き」と呼ばれ、区別されている。

ベトナムでは、メジャーな料理ではなく、南部の屋台で食べられる軽食の扱い。

または、外国人客向けの中級〜上級なレストランで食べられる。

現地の家庭料理では、手巻き寿司のように各自で巻いて食べるらしい。

それは楽しそうだけど、人数が多い場合はかなり広いテーブルがいる?!

元気になる!野草Summer rollの材料

野草Summer rollの材料

ライスペーパー 数枚
レタス 適量
好みの野草(ミント、シソなどがおすすめ)適量
ミニトマト 適量
好みの惣菜(今回はマックのチキンナゲットなど)適量
好みのソース&粒塩 適量

生春巻きのメインの具として、一般的に人気なのは、ゆでた海老や豚肉など。

熱湯で暑くなってしまう、ゆでる工程は出来ればなしにしたい。

さっぱりした、ゆで具材は生春巻きに相性が良いけど、全体が軽いサラダっぽく仕上がる。

しっかりめの惣菜をメインの具にして、ボリューミーな生春巻きを作ってみよう。

涼しくなれる!野草Summer rollレシピ

Summer roll(生春巻き)を作る工程は、水あそび感覚で楽しめる。

生野菜をたっぷり使うので、流水でざぶざぶと洗って水気をきる。

ライスペーパーを1枚1枚、水にくぐらせるたび、ひんやり冷たくて心地よい。

野草Summer rollの作り方

1)ライスペーパーを1枚とり、水をはったボウルや流水にくぐらせて、全体をしめらせる。

注意:ライスペーパーを水で戻すときは、戻し過ぎないようにする。巻いているうちにもどんどん柔らかくなるので、くにゃっと曲げられるくらい戻せばよい。柔らか過ぎるとうまく巻けないし、歯応えがなくなってしまう。

2)しめらせたライスペーパーの上に、メインの具と野草、トマトを配置する。

3)2の具の真上に、こんもりとレタスをのせて、粒塩をパラパラとふる。

4)手前のライスペーパーを折り曲げ、右、左と順番にたたんでしっかりと包む。

5)具全体を押さえながら、しっかりと包み込んだらひっくり返しておく。

お皿に並べたら、できあがり

注意:しめらせた生春巻きの皮はくっつきやすいので、お皿に並べるときは少し間をあける。

ひと仕事終えたにしては、体感がとっても涼しい!

右はチキンナゲットで、左はタレのついたチキンカツを入れてみた。

いつもの生春巻きを食べるときは、唐辛子入りの酢じょうゆをつけて食べる。

この野草Summer rollは、具についたタレ&レタスにふった粒塩のおかげで、ソースなしでも十分に美味しい!

ひんやりライスロールに包まれた、シャキシャキ野草サラダとボリュームおかずは、夏バテ予防効果もバッチリ!

おいしい野草Summer rollで、たのしく涼しくなろう!

 

このブログを読んでいただいてありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるミニマリストへ
にほんブログ村

☆このバナーのクリックの数でブログ村の人気ブログランキングの順位が決まります。めちゃ励みになりますのでポチッとよろしくお願いいたします。解除もカンタンに出来ますのでご安心ください☆

PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント

タイトルとURLをコピーしました