[レシピ]ご飯あるん?野草チャーハンを作ろう!&玄米ご飯のススメ♡

野草とベーコン 楽々レシピの覚え書

2022.06.15

日差しが、強くなってきた。

その日に使う野草は、朝のうちに収穫しておこう。

たっぷりの水につけておけば、昼には汚れもすっかり落ちている。

最近、パセリやねぎ、ニラなどを買わなくなった。

肌の調子や体調も、とても良くなった。

今日は、新鮮な野草とご飯でチャーハンを作ろう!

スキレットに入ったチャーハン

野草チャーハンの材料

ご飯と野草プラスαで、健康によくて美味しいチャーハンが作れる。

野草チャーハンの材料

今日の野草チャーハンの材料は、、、

・冷やご飯(玄米3:押し麦2で炊いたご飯)

・野草(ミントと三つ葉)

・あり合わせの材料(卵、ナッツ、ベーコン)

ニンニク、唐辛子でペペロンチーノ風にしたり、ジャコや豆腐、納豆で和風にしたり。

野草チャーハンの作り方

スキレット(フライパン)で気軽に作ろう。

1)熱したスキレットで、ナッツを空炒りして、取り出す。

2)ざく切りにしたベーコンと野草を炒めて、取り出す。

3)多めのオリーブオイルを熱し、溶き卵、ご飯、塩コショウを入れて混ぜる。

4)取り出しておいた1&2の具を混ぜる or トッピングして出来上がり

ベーコンの代わりに、ニンニクを使ったり、ナッツの代わりに、軽く水で戻した切り干し大根をカリカリに焼いたり。

玄米ご飯のススメ♡

米や豆って、そのまま粒で食べられるのがいい。

小麦の場合は、美味しく食べるために、まず粉にしないといけない。

米は炊くときに手間がかかるから、多めに炊いて冷凍などで常備しておく。

ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な玄米は、パラリとしやすくチャーハンにおすすめ。

玄米の胚芽や糠(ぬか)には、エネルギーをつくり出し代謝を助ける働きがあり、人間の身体に必要不可欠な栄養素のビタミンB群(B1、B2,B6,ニコチン酸、パテントン酸、イノシトール、コリン、葉酸等)が含まれる。

白ごはん・麺類・パンなどで炭水化物を取る場合は、おかずでビタミンB群を一緒に取らなければ栄養になってくれないけど、玄米ごはんであれば、それだけでビタミンB群を補給できる。

ただ、こんなに栄養価の高い玄米にも(多く)含まれていない栄養素がある。

玄米に(多く)含まれていない栄養素

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、ビタミンB12、ビタミンC

ビタミンA
・皮膚や目・鼻・のど・胃腸などの粘膜を正常に保ち、免疫力を維持する。強い抗酸化力をもつβカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わる。
・不足すると、胎児・小児の発育阻害や感染症にかかりやすくなったり、夜盲症などに。

ビタミンD
・免疫調整にかかわる。免疫力を高める。
・カルシウムやリンの吸収をよくし、骨や歯への沈着を助ける。
・血中や筋肉のカルシウム濃度を一定に保つ。

ビタミンK
・出血時に血を固める。
・コラーゲンの働きを活性化する。
・骨にカルシウムが沈着するのを助ける。骨の破壊を防ぐ。

ビタミンB12
・神経や血液細胞を健康に保ち、全細胞の遺伝物質であるDNAの生成を助ける。
・巨赤芽球性貧血の予防に役立つ。

ビタミンC
・炎症を抑え、免疫細胞を助ける。
・たんぱく質と一緒に取ることでコラーゲンの合成を助ける。
・鉄の吸収を高める。
・抗ストレス作用の持つホルモンの合成を助ける。
・抗酸化作用で体を守る。
・通常の食事では不足しにくいが、喫煙やストレスにより、ビタミンCの消費量が高まる。

玄米にビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、ビタミンB12、ビタミンCを含む食品をプラスする。

玄米ご飯と、トマト、人参、小松菜、魚介類、鶏肉、大豆製品(特に味噌、納豆などの発酵食品)などを、一緒に食べる。

カンタンに炊ける、とても美味しい玄米もある。

玄米ご飯で、野草がさらにパワーアップ♡

 

このブログを読んでいただいてありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるミニマリストへ
にほんブログ村

 

☆このバナーのクリックの数でブログ村の人気ブログランキングの順位が決まります。めちゃ励みになりますのでポチッとよろしくお願いいたします。解除もカンタンに出来ますのでご安心ください☆

PVアクセスランキング にほんブログ村

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました