人生、痛みなしに得るものなんてあるん?祝!初ギプス&松葉杖「内側側副靭帯損傷」

現実との向き合い方

2022.02.26

おそらく、、、みんな気がついていないだけ。

人生って、、、想像したとおりになっている。

旅行やイベントのために、休暇をもらう。

でもそれは、何かをするための休暇だ。

あれもしなきゃ、これもしたい、と身体もこころも

しらないうちに忙しくなってたことに気がついたとき、

本当になんにもしない時間がほしいって思ってしまった。

(そのことを自分も周囲もよしとする環境も要る)

そうしたら、突然思いもしない形で2週間の休息時間がふってきた。

ケガのため安静にしなければいけないという、棚ぼたが!!

内側側副靭帯損傷(ナイソクソクフクジンタイソンショウ)とは?

始まりは、1週間前の寒い朝。

雪の下に凍った道があるのに、油断して歩いていた。

気がついたら、身体が宙に浮いてて、、、

次の瞬間、左膝でつい〜と滑っていた!

その時点では痛みはさほどなく、ふつうに起きあがる。

異変を感じたのは、それから約7時間後。

膝を曲げたときに、するどい痛みを感じる。

そして膝まわりが腫れていることに気がつく。

膝に力を入れると痛いので、左足を引きずって歩く。

階段なんて、痛くて痛くて拷問のような感じ、、、

さすがにちょっとおかしいんじゃない?ってなり

土曜日だったので、急患センターへ行くことになった。

コロナ禍で発熱患者の来院がないせいか、全体の受診者は3〜4人。

先生方のゆとりのある対応が、うれしかった。

左膝の腫れは、水(関節液)と血液が溜まっていたせいだった。

注射器でそれを吸引されたあとは、痛みがだいぶやわらいだ。

内側側副靭帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)というものらしい。

重症度Ⅱ度(中度)で膝を真っすぐに伸ばせない、歩行困難が見られる状態。

内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)とは、、、

膝の主要な4つの靭帯の一つで、関節の内側で脛骨と大腿骨を繋げている。他の靭帯と比べて大きな靭帯で、膝の外側からのストレスに抵抗することで、関節の内側部分が開きすぎるのを防ぐ役割をしている。

内側側副靱帯はふつうタックルなどの外力で損傷、アメフトやラグビーの選手に多いケガらしい。

(なんだかちょっとかっこいい、、、)

これから数ヶ月、整形外科へ通うことになった。


堂々と何もしないでいる

急患センターでは夫に車椅子(人生初乗車)を押してもらい、

整形外科へは夫の腕につかまって歩いて、なんとか受診した。

MRI検査は、寝たまま小さいドーム型の機械の中へ入って

30分くらいじっとしていれば終わる。

その後はまた、膝にたまった血を注射器で抜かれる。

そして脚の付け根から足首までギプスで固定された。

ラッキーなことに、ギプス装着にぴったりの服装をしていた。

丈の短い上着、七分丈の幅広パンツ、ゆるくて長いくつ下、かかとなしの靴。

細いパンツやタイツだと、ギプス装着のあとは着ることが不可能。

着替えはもちろん、ふつうに歩くことさえも出来ない。

松葉杖はなんと、最低2ヶ月は使うように言われた。

診断書を書いてもらい、仕事も休めることになった。

なんと、堂々と家事までも、まったくしなくてもよくなったのだ!

これからの人生を考える

少しかぜ気味でも、仕事で疲れていても、

よほどのことがない限り、勉強や家事もやらなきゃって思う。

周囲&自分すら、休息を自分に許す状況って、、、人生初だ。

脚はたしかに痛いけど、それ以上の大きなリターンがあった。

人生において真にありがたいものは、家族や周囲の人達のやさしさだ。

自分はこんなにしあわせでいいのか??

そう思って、堂々とねころびながら、、、

受けたやさしさを世の中に循環させていけばいいんだ!!

とあらためて思った。

もうひとつの大きな学びは、身体能力の重要さに目覚めたこと。

これからは筋トレを真面目にがんばることにした。

しあわせな日々のため、あたたかい人間関係&健康(筋肉)を大切にしよう!

このブログを読んでいただいてありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 


コメント

  1. はなくろ より:

    サウナの報告をしようと思い、お姿を探せどお見かけせず。
    こんな事態になっているとは驚きました。神様が与えてくださった休暇だと思いゆっくりのんびりと、どうぞお大事になさって下さいね!

タイトルとURLをコピーしました