全世界株式どれにするん?オルカン&雪だるま、毎月同額買ってみた。

現実との向き合い方

2022.07.6

将来に不安のある現代、投資を始める人が増えている。

日本の好景気時代は、子供ながらに色々ふしぎだった。

なぜ毎週末のように百貨店へ行き、大量に服などを買うのか。

衣食住がもう満たされていて、すでに幸せなはずなのに。

衣食住に「もっと」を求めたら「もっと」心が満たされる?

「もっと」消費しても幸せを感じないなら、投資をするのがいい。

黄色でマークしたのが、2021年7月から2022年7月現在まで、毎月購入した2つのファンド。

新しい最適解!三井住友ゴールド✖️SBI証券

初心者が、投資を始めるのに一番いいと言われる「つみたてNISA」。

去年までの最適解は、クレカ払いでのポイント率で楽天証券(今年からポイント付与率が0.2%に改悪)だった。

今年は、一気に円安やインフレがすすんだ。

今や貯金は、ノーリスクとはいえなくなってきた。

楽天証券同様に優秀なSBI証券で、2021年7月に投信のクレカ購入でのポイント付与が始まった。

さっそく対象の三井住友ナンバーレスカードを申込んで、毎月の積み立てを始めることにした。

ポイント付与率の高いゴールドカード(1%)を選んでおいて、正解だった。

今年半ばから、楽天証券のポイント付与は1%から0.2%に改悪。

SBIの方は、開始直後の3か月間は通常の2倍、1,000円分のポイントが付与されたりと、オトク感がすごかった。

公共料金のポイント付与率(0.5%)も、今は楽天カード(現在は0.2%)よりも高い。

ナンバーレスゴールドは、初年度100万円以上の利用で、年会費が永年無料になる。

カウント対象外のものもあるので、注意をしないといけないけど。

家族カードを作り、色々な支払いを同じ口座にまとめたら、春頃に「100万円」がクリア出来た。

全世界株式どれにする?

SBI証券のSBI・全世界株式インデックス・ファンド(通称:雪だるま)を買ってみたい。

通称の「雪だるま」のネーミングやイメージが可愛いいからという理由。

投資なのに、そんなペットを買うような理由で、決めていいのだろうか。

冷静に考えたら、eMAXIS Slim全世界株式(通称:オール・カントリー)を買う方がいい。

でも、、、「雪だるま」だって、絶対に悪くはないのだし、と。

悩んだ結果、リスクはほぼなしと判断して「雪だるま」を買うことにした。

そして、王道の全世界株式「オールカントリー」も買う。

クレカポイント付与の上限は5万円なので、両方とも毎月2.5万円分ずつ購入設定した。

2021年7月〜2022年7月までの65万円分の投資で8,000円分のポイントがもらえた。

おかげで現在の評価損益、約6,000円のマイナスが気にならない。

雪だるま&オルカン比べ

全世界株式の投資信託では、一番人気の「オール・カントリー」。

とにかく買ってみたかった、SBI証券の全世界株式「雪だるま」。

グラフを見比べても、、、ほぼ同じ。

1年間、毎月同額を投資した結果は、、、少し違った。

両ファンドとも、現時点ではマイナス、そして「雪だるま」の方が0.35%余計にマイナス。

実際の損益額を比べたら、やっぱり「オルカン」かと納得。

それでも「雪だるま」を買ってみたいという気持ちを通してよかった。

両方とも、年内はこのまま積み立てを続け、見守っていく。

来年は、また別のものを買っていこうかな。

インデックス投資は、長い目でみて、ゆる〜くやるのがいい♡

本当は、購入銘柄のひんぱんな変更は、良くないことだけど。

人生も、投資も、少々あそびゴコロでやっていい。

  

このブログを読んでいただいてありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント

タイトルとURLをコピーしました