春のワイナリーって楽しめるん? Yes!おしゃれカフェ改装オープン「ホーライサンワイナリー」

おしゃれなラベルのワインボトルと素敵なガラス製の照明 想い出ストック

2022.04.06

ひさしぶりにお友達と会って、ワイナリー(Winery:ワインを製造する事業および建物)へ行くことになった。

まだ少し肌寒いけど、カラッとした風の吹く、カリフォルニアの青空のような日。

富山市中心部から、ゆるやかに山へと向かいながら、会話していたら、あっという間に今日の目的地「ホーライサンワイナリー」に到着した(車で約30分)。

ワインボトルとおしゃれな照明。
カフェのひとコーナー、ワインのある風景
ブドウの花のイラスト(6月)
手書きのイラストがほのぼの

ホーライサンワイナリーとは

3000年とも言われる世界のワインの歴史だけど、日本ワインの歴史はまだ100年とすこしだけ。

こちらのホーライサンワイナリーは、日本のワイナリーとしてはかなり古い。

昭和初期に設立され、5年後には100周年を迎える。

北陸地方では、現存する最古のワイナリーだ。

昭和42年と印字のあるワイン用タンク

6ヘクタールの自社畑で、約40種類のブドウを栽培する、家族経営のワイナリー。

手入れの行きとどいたブドウ畑の様子が、遠くからもよくわかる。

冬を越したばかりのブドウ畑の様子

要予約のワイナリー見学

事前に予約をしておけば、ワイナリーの建物の中を案内してもらえる。

ワイナリー全体が、建物の中も外も、とにかく清潔で風通しがとてもいい。

業務用の設備がいちいち美しくて、写真をたくさん撮った。

ブドウの収穫用の車両。

カラフルな車、タンクがかっこいい。

ワインの瓶詰めの機械

ワイン製造用の機械は、たいへん高額らしい。

ワイン用タンクとワイン用の樽

こもれ日が、ワイナリーによく似合う。

シャッターのおりた倉庫の入り口

戦前はシェルターだったという倉庫には、何が入っているのだろう?

ワインの試飲&おしゃれカフェ

併設のカフェでは、まいにち食べたくなるヘルシーなオリジナルメニューが味わえる。

プロヴァンス風(?)のすごくおしゃれなカフェは、先月改装オープンされたばかり。

ひろびろとしたブルー&明るい黄色のインテリアに、ひとめで恋におちた。

二つの皿に盛られたカレーやキッシュなどの料理と花瓶に入った花

手前は、日替わりのランチプレート。奥は、ワインをたっぷりと使った絶品カレー。

カップに入ったココア

作家さんの手作りの器、、、ココア一杯にもこころがこもっている。

ワインセラーに入っている数本のワインボトル

カフェのとなりでは、ワイン販売をしていて、「いつ来ても楽しく選べるように」とのはからいから、ワイナリーでしか買えないワインが、常時7種類以上おいてある。

マスカット・ベーリーAなどの日本固有品種、さらっとした和食にも合う軽やかなワインから、メルローなどのフランス風の食事にも合う重めのワインも、何種類もあった。

個性的なネーミングのワインは、選びながらイメージもふくらんでワクワクする。

お値段は良心的なものがほとんどで、何本も買いたくなってしまう。

購入用のワインを選ぶため、試飲もじゅうぶんにさせていただいて、大満足!

カウンター上のワイン数本と座る黒猫

かわいいワイナリーキャットが接客してくれた。

戸口の前に停めてある青いキレイな自転車

ワイナリーを日々営まれる、家族のぬくもりをそこかしこに感じられる。

日々うつろう四季、自然に囲まれて、家族みんなで仕事をするという生活。

ホーライサンワイナリーは、しあわせに満ちあふれている!

ホーライサンワイナリーの営業時間や予約などはこちらからどうぞ。

春のワイナリーでは、芽吹きのパワーもあびられる気がする。

じゅうぶんな時間をとって、ふたたび訪れたい!

このブログを読んでいただいてありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. カメリエ より:

    楽しそうで美味しそう✨ぜひ行ってみたくなりました🍷

タイトルとURLをコピーしました