「思考実験」とは何か?〜「思考」について思考しました!〜

読書はこころの旅

今年の夏も暑かったですね〜!!

涼しそうな空調服を着て、散歩されてる方をちらほら見かけました。

そんな空調服を発明された方の著作を見つけたので、読んでみることにしました。

f:id:Roomsy:20211104230455j:plain

作者は地球温暖化を解決したいという夢を持っています。

「エアコンの室外機から排出される熱をなんとかできないか」というところから、空調服の開発が始まりました。

まず本の冒頭近い部分で有名な公式が記されています。

アインシュタインが1905年に発表した

エネルギーE=質量m光速度cの2乗

(質量とエネルギーの等価性を表す公式/2008年に実証された)

作者はこの公式や他さまざまな経験などから、人の欲求(減らすのは難しい)とエネルギー(減らせる可能性がある)の増大が比例する関係ならば、と「エネルギーの無駄を減らす」ことを考え始めます。

空調服は「エネルギーの使い方」に着目し、「思考実験」の繰り返しによって生まれました。

作者は目的解決のためには「思考」は必要不可欠だと説明します。

・人の思考とそれに基づく行動は、未来に影響力を持つ

・思考とは、情報や既知の事柄を積み重ねて、分からないことを解明する過程、方法

・「当たり前」という価値観が絶対的なものになると、新たな思考が入る余地がなくなる

・自分の中の必然を更新することで、未来予測の精度は上がる

作者は未来予測について

「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、歴史は変わっただろう」

という有名な格言をとりあげ、

現実世界の現象は、全てが時間の関数で、時間と共にその影響が拡大すると言います。

誰かの何気ない行動が水面下で伝播し、拡大し続け、未来に大きな違いをもたらす)

またアインシュタインの

「神はサイコロを振らない」(全ては必然とその因果で説明できる)

には対しては少々疑問を呈し、

不確定性原理を見ると、事象にはゆらぎがあって未来は確率的だと。

現代の私達の意思は影響の虜で、次に何が起こっても不思議ではないといいます。

役に立つものと無駄なもの、活動と休息、生産と消費などは、どちらも大事な価値(影響力)があり、人はエネルギーそのものを目視できないのだから、目に見えない影響を見るためには「頭の中の目」を使う=思考実験を行うしかないのだと。

思考実験の結果例として、世界初の原子力空母と電話の発明を並べます。

・原子力空母は1961年に就役し、2012年退役、50年以上当時の形のまま運用

・電話は1960年代はダイヤル式、2007年にi-phone、2013年携帯電話の世界普及率94%

需要の違いではなく、電話は情報脱物質化しやすい)を扱う道具のために、変化が大きかったのです。

今後も想像もつかないくらいの大きな変化がありますね、きっと)

最後に作者の言葉を

「思考」が水面下にある現実を表面化させ、

「実験」でそれを誰かと共有できる

(まるで美しい詩のようです)

人生をゆたかにするために思考しよう!

このブログを読んでいただきありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました