2030年全てが加速する世界に備えよ!あと10年もないのに本当?!

読書はこころの旅

ちょっとおっかない感じのタイトルですが、私はちょっとだけ怖い系の話が大好きです。

2030年すべてが「加速」する世界に備えよは、

最近読んだ本の中で、いちばん読み応えを感じた本です。

f:id:Roomsy:20211013224628j:plain

Contents

  • 「加速」が「加速」する
  • テクノロジーのコンバージェンス(融合)
  • アメリカが革新的なわけは

「加速」が「加速」する

6年前、アメリカのロサンゼルスへ行った時のこと。

道路が超幅広くて、人々の身体も大きいのにびっくり!

日本でよく知られているウーバーイーツの母体、ウーバーがどんどん人を乗せていきます。

乗車希望も支払いも全てスマホでのやり取り(何コレ〜?)。

人間の歴史上、車の所有が当たり前という時代は1世紀以上続いたそうです。

そこに新しく現れたのが、シェアライド(2015年私が見たアメリカでは一般化)、

そして次は自動運転車、その次が空飛ぶ車(ウーバーが実用化に向けて開発中)、次にハイパーループ(真空チューブ内高速交通)??

これはアメリカでの話ですが、訳者曰く、「日本のメディアが取り上げない分野こそ重要」で、ハイパーループなど(日本企業が関わっていない)の技術革新は、世界では重要視されているそうです。

スマホ、ここ10年間でいつの間にか、生活必需品にまでなっていますよね。

色々紹介されていた技術革新の中で、私が一番興味を持ったのは「アバター」です!

レンタルしたロボットを通じVRで遠方での弾き語りライブを楽しめる!なんていいなあ〜。

テクノロジーのコンバージェンス(融合)

加速が加速する理由として、AI、ロボット、3Dプリンティングなど、テクノロジーの掛け合わせにより、進化がものすごいスピードで進むという事実があります。

医薬品の開発などもめざましく、人工臓器は2023(もうすぐ!)に実用化。

GAFAが医療分野に進出しているため、モバイルヘルスの時代が来ると。

具体的には、、、

ナノ粒子が血流を移動して常にデータを集めるため、健康診断に頼る必要がなくなる。

2030年には、人間よりロボットの外科医を選ぶことになる。

などなど(驚)。

コロナの影響もあって、オンライン接客も普通になっていますよね。

今後はA Iファッションアドバイザーと3Dボディスキャンでお買い物が出来て、

ハイパー・パーソナリゼーションによって広告がなくなり、

エンターテインメントもパーソナライズされる。

疲れて帰ってきたあなたの様子をAIが分析し、その時のあなたにぴったりの映像がモニターに映し出される

そんな未来が普通になる?

アメリカが革新的なわけは

アメリカ滞在中、見るもの全て新しい感じがすることに驚いたのですが、

何千年も歴史のある日本や他の国に比べて、アメリカは国として数百年しかたっていないんですよね。

1933年ナチスドイツ時代からの10年間で、13万3000人以上がアメリカに移住したそうです。

世代をえて多くのドイツ系ユダヤ人(グーグル、フェイブック等の創業者に多い)

がイノベーションに重大な影響を与えた、とのことでした。

もしも日本に来てくださっていたら、、、今頃は??

この本の未来予想図は現実になるのでしょうか?

時代にとり残されないようにアンテナを常に立てていよう!

このブログを読んでいただきありがとうございます。

あなたに思いがけないハッピーがありますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるミニマリストへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました